2014.08.29 (金)

9月の園だより

 今年の夏の天気は不安定で、一日の内に晴れたり、集中的に雨が降ったりしていました。それでも、ようやく虫の音や朝夕の風に秋の気配を感じられるようになってきました。
 8月のお盆の季節には、ご家族での旅行があったことやお墓参りや親族との集まりなどで、いとこや叔父さん叔母さんとの交流があったことを教えてくれる子ども達。子ども達にとっては、大切な思い出が作れたようです。
 子ども達が大人へと成長するまでの間に、社会の常識、家庭の常識を身につけることは大切なことだと思います。何でも自分の好きな事ばかりしていてもよいのだ、という社会はありません。人として生きていく中で、地域であったり、学校や社会であったり、いろいろな社会と折り合いをつけて関わっていかなければなりません。その中で基本となる自分の中での常識は、幼いうちから育まれています。子ども達は、大人との関わりの中のいろいろな場面で大人の様子をよく見ていると思いませんか。子どもは大人のマネが得意です。身近な大人の言葉や癖、マナーが子どもの常識へと繋がっているように思え、ドキッとすることがあります。子育ては、自分の常識の見直しかな…と思えます。保育園は、集団生活の中で社会性を身につけられる場所です。保護者の方々とともにお子さんの育ちを支え、子ども達の代弁者でもあり続けたいです。

今月の園舎カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

さいきんの園舎