2012.04.28 (土)

5月の園だより

少しずつ、朝の準備、新しい環境にも慣れてこられたことと思います。朝にはまだまだお家の方と別れづらくて泣いているお子さんもおられますが、お家の方の姿が見えなくなると気持ちを切り替えて活動に取り組まれている様子が伺えます。ご家庭でも、お子さんのがんばりを支え、楽しく活動に取り組むことができるように次のふたつのことをお子さんに習慣づけてください。
○朝ご飯は、必ず食べる(活動に集中できる体の準備をしましょう。)
≪朝食をとる(食べ物を噛む)⇒ 脳を刺激し、体が目覚める ⇒ 午前中の活動に集中できる≫
≪朝食をとらない ⇒ エネルギー不足・低血糖状態でボーッとする ⇒ 活動に集中できない≫
規則正しい食生活は、将来の肥満や生活習慣病の予防にもなります。
○夜更かししない(昼間にたっぷり働いた脳を十分休めて、翌日の活動に備えましょう)
≪夜型生活の習慣化 ⇒ 生体リズム、睡眠と覚醒(目覚めている状態)のリズムが狂い、落ち着きがなくなり、イライラしやすくなる。≫
睡眠の役割の一つは、脳の過熱を防ぐことにあるといわれています。体温が下がりつつあるときに、眠くなります。
睡眠は脳に休息を与え、睡眠中のエネルギーの消費を防ぎます。脳は体の中枢です。

今月の園舎カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

さいきんの園舎